« 日本語学会春季大会シンポジウム「国学と古代語研究の現在」報告○矢田 勉(東京大学) | メイン | 国文学研究資料館が、Facebook開始 »

2017年7月 4日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●法政大学国際日本学研究所 シンポジウム「近世日本における北方イメージ」(2017年7月23日(日)、法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー25階B会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://hijas.hosei.ac.jp/news/20170723info.html

--------------------

「近世日本における北方イメージ」

江戸時代、蝦夷地や奥羽諸藩に対してどのような眼差しがむけられていたのでしょうか。
また当地に生きた人びとはそれをどのように受けとめ、自ら表象したのでしょうか。
近代になって東北が周縁化されていったことは知られるようになってきていますが、その根は近世にはなかったのでしょうか。
法政大学国際日本学研究所では、このような問題について多角的に探るシンポジウムを開催します。

■開催日時
2017年7月23日(日)、13時00分から17時30分(予定)

■会場
法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー25階B会議室

■プログラム

開催趣旨 横山泰子
絵地図における<北方>へのまなざし-「みちのく」から「蝦夷地」へ- 米家志乃布
規範と実感と-奥州人による奥州の狂歌 小林ふみ子
近世中期諸国説話集と「東国」 真島 望
「辺境」に生き、「辺境」を語る-会津の奇人と近世説話 伊藤龍平
青森の異才が描く北方イメージ-建部綾足と平尾魯仙の場合 横山泰子
総合討論

■参加費
無料

■主催
法政大学国際日本学研究所

※本研究は平成28年度三菱財団助成金を受けて実施しています
※事前申し込み不要

チラシ
http://hijas.hosei.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2017/06/20170723.pdf


●グーグル提供広告