« 英国のMOOCs"FutureLearn"で慶応義塾大学の講座、「Sino-Japanese Interactions Through Rare Books(古書から読み解く日本文化:中国文化の受容)」【斯道文庫の堀川貴司・住吉朋彦・高橋智(現文学部)の三教授の担当】が2017年8月21日(月)より開講。登録受け付け中。 | メイン | Miradorの新機能で国デコの絵巻画像をつなげる(Manifestの書き方編)(digitalnagasakiのブログ) »

2017年7月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第345回日本近代語研究会(2017年7月29日(土)15時~18時、実践女子大学渋谷キャンパス 創立120周年記念館7階708教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://blog.goo.ne.jp/tsuru145/e/b7874e4da1570b46c83d547ab456aeba

--------------------

日 時:2017年7月29日(土)15時~18時

場 所:実践女子大学渋谷キャンパス
創立120周年記念館7階708教室

渋谷駅から
◎ JR(山手線・埼京線・湘南新宿ライン)/東京メトロ(銀座線・半蔵門線・副都心線)/東急(東横線・田園都市線)/京王井の頭線 東口(東急南口)から徒歩約 10 分
表参道駅から
◎ 東京メトロ(銀座線・半蔵門線・千代田線) B1 出口から徒歩約 12 分
http://www.jissen.ac.jp/access_guide/index.html

発 表:『実学報』における日本の新聞記事の翻訳について
―『中外商業新報』掲載「廣東金礦の發見」を例に―

北海道大学大学院生 陳 静静氏

[要旨]『中外商業新報』掲載の同じ記事を手本にした二本の中国語訳文を取上げ、日本新聞記事の原文と対照し、漢字や語彙の使用において、『実学報』の二人の訳者の翻訳態度、翻訳特徴などを分析し、新聞記事翻訳に伴う語彙の受容状況を解明する。

※参加費は無料です。
※8月例会は、ありません。9月例会は、16日(土)15時~18時、国立国語研究所で開催される予定です(発表者を募集しております)。


●グーグル提供広告