« 笠間書院のメールマガジン [270号]刊行しました | メイン | 跡見学園女子大学・専任教員(国語学分野)の公募(2017年09月09日 必着) »

2017年7月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●立命館大学日本文学会・2017年度国語教育ゼミナール夏季大会(2016年7月30日(日)13:30~、立命館大学衣笠キャンパス 清心館3階534教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://ritsnichibunkai.blog.fc2.com/blog-entry-190.html

--------------------

日時:7月30日(日) 13:30~16:25
場所:立命館大学衣笠キャンパス 清心館3階534教室

    ****プログラム****

◇開会の挨拶

◇実践報告・講演

Ⅰ部・実践報告(13:35~15:05) 
「教育実習を終えて」   林 渓太 氏(本学文学部教育人間学専攻5回生)
「教育実習を終えて」   西川 奈那 氏(本学大学院日本文学専修博士前期課程1回生)
「落語と国語教育」    児島 啓祐 氏(近江高等学校常勤講師)

Ⅱ部・資料紹介(15:05~15:15)
「火鍋通信101号「惠みの雨」」 安藤 勝志 氏(元浜松大学教授)

◇休憩(15:15~15:25)

Ⅲ部・講演 (15:25~16:25)
「太宰治「猿が島」の授業―理系の学校で国語を教える―」 井上 千鶴子 氏(大阪府立大学工業高等専門学校教授)

◇閉会の辞

◆懇親会(16:40~)
場所:清心館3階 日本文学共同研究室
予算:3,000円程度(実費)
*事前にお弁当を注文いたします。


●グーグル提供広告