« 学習院大学史料館 没後10年「児玉幸多 歴史学に捧げた生涯」展(平成29年6月26日(月)~7月7日(金)) | メイン | 『史学雑誌』2016年の歴史学界 回顧と展望(126-5、2017-5)に広告を掲載いたしました。 »

2017年6月23日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●与謝野晶子・訳注 今野寿美『みだれ髪』(角川文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

KADOKAWAさまより頂きました。

321702000697.jpg

出版社: KADOKAWA (2017/6/17)
ISBN-13: 978-4044002855
発売日: 2017/6/17
定価 432円(本体400円+税)

版元公式サイト
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321702000697/

【「みだれ髪」全399首を訳とともに味わう!

「やは肌のあつき血汐に触れも見でさびしからずや道を説く君」「みだれ髪を京の島田にかへし朝ふしてゐませの君ゆりおこす」「いとせめてもゆるがままにもえしめよ斯くぞ覚ゆる暮れつ行く春」......燃えるような激情を詠んだ与謝野晶子の第一歌集「みだれ髪」。近代短歌の金字塔をうちたて、多くの若い詩人や歌人たちに影響を与えた作品の数々を、現代語訳とともに味わう。晶子の同時代作品を集めた「みだれ髪拾遺」を所収。】

【目次】
みだれ髪
 臙脂紫
 蓮の花船
 白百合
 はたち妻
 舞姫
 春思
みだれ髪 拾遺

 解説 野田宇太郎
 新版解説 今野寿美
 挿絵 藤島武二


●グーグル提供広告