« 広島大学国語国文学会 平成29年度研究集会(平成29年7月8日(土)、広島大学文学研究科 B251講義室) | メイン | 関西大学東西学術研究所・2017年度 第4回研究例会<言語接触研究班>【総合テーマ:『華英通語』をめぐってー清末英語事始】(2017年6月16日(金) 13:00~17:00、千里山キャンパス 以文館4階セミナースペース) »

2017年6月 7日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●久松健一『原稿の下に隠されしもの 遠藤周作から寺山修司まで』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

6月下旬の刊行予定です。

70830_k.jpg

久松健一『原稿の下に隠されしもの 遠藤周作から寺山修司まで』(笠間書院)
ISBN978-4-305-70830-4 C0095
四六判・並製・カバー装・328頁
定価:本体2,500円(税別)

ふたりの原稿の下には「禁秘〈タブー〉」がある。そこには毒が仕込まれている。
出自にからむあれこれがあり、卑下のなかに虚栄が香り、したたかな戦略もまた見え隠れ。そうした暗部にためらわず手を突っ込み、つかみあげたい―。引用や模倣に目を配り、その有様を具体的に検証することから、創造の原理を考える書。

遠藤に、寺山に、躊躇なく迫る。目指すのは日向水のようなぬるい論考、分析ではない。
あわせて、こんな着眼も開示する。手放しで称賛されている感のある映画『沈黙』だが、はたしてそうか。本書はかく問いかける。

【...ところが、英訳ではキリストが話しかける。Trample!(「踏みつける」の命令)とロドリゴを誘う。マーティン・スコセッシ監督の『沈黙--サイレンスー』も根は同じ。踏絵のシーンで神が言葉を発している。だが、キリストが本当に声をあげたなら、論理は破綻する。
 キリストが沈黙を破った瞬間、それまで存在を疑っていた神がいると証明されたことになる。踏絵のなかに、手の届くところに神はいる。クリスチャンは救済を約される。踏絵、棄教云々などどうでもいいはず。ロドリゴは叫べばいい。穴吊りされている信者に向かって「安心めされ。神は沈黙を破られた」と伝えればそれでいいではないか。
 原文は、神の沈黙がはたして破られたのか否か判然としないままであり、それが『沈黙』の玄妙ともなっている。この点がゆがめられている。】......第4章内容より

-----------
■著者紹介

久松健一(ひさまつ・けんいち)

東京、浅草生まれ。中央大学大学院文学部博士後期課程満期退学。現在、明治大学で教壇に立つ。NHKラジオ講師としても出演。『英語がわかればフランス語はできる』(中国語版『懂英語就會說法語』)、『ケータイ〈万能〉フランス語文法』や英仏・英西・英伊を扱った「バイリンガル叢書」ほか、これまでに語学書・参考書を中心に60冊近くを執筆。『フランス語動詞宝典』『クラウン フランス語熟語辞典』、Dictionnaire Assimil Kernerman Japonais ‹japonais-français, français-japonais› といった辞書類の編集、監修も行う。研究書・エッセイ集として『ぱざぱあるいは文学時空間の迷路』、『書物奇縁』があり、書誌学的な成果に『光の序曲 町田市民文学館遠藤周作蔵書目録(欧文篇)』などがある。

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305708304/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

本書の試し読みはこちら
http://hanmoto.tameshiyo.me/9784305708304

-----------

【目次】

はじめに―禁忌(タブー)に触れる

覚書

第1章 原稿の下に隠されしもの 遠藤周作から寺山修司まで

Ⅰ 遠藤周作から
『沈黙』の引用書簡/下敷き―『沈黙』/会長辞任―丹羽文雄/連載打ち切り―熊谷達也『聖武士の谷』/社会的制裁―西村みゆき『針のない時計』/赤毛の男/木曽路はすべて山の中である/臨界点七十六パーセント
Ⅱ 寺山修司へ
十三面待ち/マトリョーシカ/揺れる振り子/著作権のない時代/禁手から定石へ/模倣巡礼
■寺山修司 模倣巡礼年表(「チェホフ祭」以降)[昭和三十三年〜五十八年]
オリジナリティーとは/言葉誑し

第2章 無名時代の寺山修司 「チェホフ祭」に至るまでの文学神童の歩み



背景一 小学校時代(昭和十七年〜二十三年)
背景二 中学時代(昭和二十三年〜二十六年)
背景三 高校時代(昭和二十六年〜二十九年)
背景四 早稲田大学入学後
背景五 「父還せ」誕生前
背景六 「父還せ」応募直前
第二回五十首応募作品原稿

第3章 遠藤周作の秘密 年譜から見えてくるもの



秘密の真価/秘密の淵源/白鳥の信仰復帰/神は働きである

自作年譜/十八歳の空白/告発/婚約そして破棄/真の〝秘密〟

受洗の心境を喩えて/複数の年譜/錯誤か作為か/堅信

面従腹背/どじょう/弱者の論理/聖母と修羅

誤読/仮想の死/自我の確立/懐疑/実人生

二重の生き方/決意

遠藤郁とヘルツォーク神父/疑問/激怒/影法師
【年譜】遠藤郁とペーター・ヘルツォーク神父

第4章 測深鉛をおろす 遠藤周作訳『テレーズ・デスケールー』を繰る

惚れこんだ作品/愛人訳の背景/フランス語の実力/邦訳参照/江戸の仇を長崎で討つ/冒頭の訳文/人称のすり替え/小説『アデンまで』の不可思議と混乱/『沈黙』の冒頭の不成立/「コト」と「モノ」/日本語の特性/消える主語/『テレーズ』の邦訳より抜粋[六章・七章・十三章]/汎神的な血液/踏むがいい/未来もそのように

おわりに
遠藤周作の原稿/寺山修司の「風」

あとがきにかえて
索引(人名・書名・雑誌名、引用詩歌)


●グーグル提供広告