国立国会図書館(NDL)、国立情報学研究所(NII)の電子図書館事業(NII-ELS)により提供されていた論文データの一部を収集・保存・公開(カレントアウェアネス・ポータル)

【2017年6月22日、国立国会図書館(NDL)は、国立情報学研究所(NII)の電子図書館事業(NII-ELS)により提供されていた論文データの一部を収集・保存・公開することを発表しました。
これは、NII-ELSにより提供されていた論文データの長期保存と公開を目的としており、対象は、
・学協会がNDLによる収集・保存・公開を希望する論文
・発行終了あるいは編集元の解散等の理由により、学協会等から公開が行われない論文
で、約380誌、100万件の論文が該当します。】
つづきはこちらから。カレントアウェアネス・ポータル。
http://current.ndl.go.jp/node/34231