« 斎宮歴史博物館 平成29年度第1回歴史講座「運命に翻弄された斎宮・井上(いのえ)内親王」講師:瀧浪貞子氏(平成29年7月8日(土)※要申込) | メイン | 文京区立森鴎外記念館 展示関連講演会「森家の人々の芝居見物―森篤次郎(劇評家・三木竹二)を中心に」講師:神山彰氏(2017年9月9日 ※要申込) »

2017年6月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●【次回企画展】 作品寄贈記念展 ORIGAMI ~"神宿る手"吉澤章のまなざし~(2017年6月17日(土)~9月3日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.papermuseum.jp/exhibit/temporary/2017/0617.html

--------------------

【次回企画展】
作品寄贈記念展 ORIGAMI
~"神宿る手"吉澤章のまなざし~

2017年06月17日(土)~2017年09月03日(日)
月曜日(ただし、7/17祝は開館)、7/18(火)、8/15(火)

展示概要

 創作折り紙作家・吉澤章氏は、折り紙を芸術の域に高め、「ORIGAMI」を世界に広めたことで知られています。従来の折り紙は、線と線、角と角を合わせて折るものでしたが、吉澤章氏は、独自の理論と技術に基づいた自由な表現による「創作折り紙」を生み出しました。その作品は1枚の紙から折られたと思えないほど生命力あふれ、世界の人々に驚きと感動を与えています。あらゆるものを生み出す創造的な手法から、吉澤氏は「神宿る手」を持つと評されます。
 吉澤氏の折り紙が世界に知られるきっかけとなったのが、昭和30年(1955)、氏が44歳の時にオランダのアムステルダム市立美術館で開かれた個展でした。折り紙は画期的な新しい造形美術として高く評価され、Akira Yoshizawaの名と共に広く知られるようになったのです。しかし当時展示された作品はその後行方不明となり、50年以上経った2004年に、吉澤氏の元へその一部が返還されました。
 このたび、当館へ吉澤氏の作品の一部が寄贈されたことを記念した特別展として、寄贈作品の中から、このアムステルダム市立美術館出展作品と、94年の生涯に創り出された珠玉の作品の数々をご紹介いたします。この夏、吉澤章氏の創作折り紙の世界をどうぞお楽しみください。

※図録販売を予定しています。


●グーグル提供広告