永青文庫 夏季展示「細川護立と近代の画家たち -横山大観から梅原龍三郎まで-」(2017年6月17日(土)~9月10日(日)※前・後期有)

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.eiseibunko.com

——————–
■夏季展示
「細川護立と近代の画家たち
-横山大観から梅原龍三郎まで-」
会期:6/17(土)~9/10(日)
前期:6/17(土)~7/30(日)
後期:8/1(火)~9/10(日)
※前・後期で大幅な展示替えを行います
永青文庫の設立者である細川護立(細川家16代・1883-1970)は、日本の近代美術を支えたコレクターとして知られます。横山大観、下村観山、菱田春草といった同時代の日本画家たちにいち早く注目した護立は、彼らを積極的に支援し、作品を蒐集しました。また洋画家たちとも親交を結び、梅原龍三郎や安井曾太郎から護立に宛てられた書簡が多数伝わります。こうした画家たちとの関わりのなかで形成されたコレクションは、それぞれの画業を語る上で欠かせない代表作を多く含み、永青文庫の所蔵品を特徴づける重要な要素となっています。
本展では、これまで展示する機会の少なかった平福百穂「豫譲」や松岡映丘「室君」などの大作のほか、横山大観が細川家本邸の日本間のために手掛けた杉戸絵「草花図」をはじめ、護立と画家たちの交流を背景に生まれた作品、親交の深さを示す書簡を展覧し、作品にまつわるエピソードや画家との関係を辿りながら、コレクションに秘められた物語を探ります。
細川護立に縁ある優品を通じて、護立の審美眼とともに、近代の画家たちに対する温かい眼差しを感じていただければ幸いです。