第8回 大阪大学・チュラ―ロンコーン大学 日本文学国際研究交流集会(2017年6月10日 13:30~17:30、大阪大学豊中キャンパス 文法経済学部本館 中庭会議室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://handai-kindai.hatenablog.com/entry/2017/05/26/223656

——————–
日時:2017年6月10日 13:30~17:30
会場:大阪大学豊中キャンパス 文法経済学部本館 中庭会議室
開会の辞 加藤洋介(大阪大学教授)
〈第1ブロック〉 司会 モハッマド モインウッディン(大阪大学特任助教)
 ポンティップ ワカバヤシ(チュラ―ロンコーン大学大学院生)
    浦島伝説の利用ー京都・伊根町の場合ー
 ティモシー ジェイク(大阪大学大学院生)
    『津軽』における『思ひ出』ー太宰治の旧作の利用ー
 ティンナパス パーニハット(チュラ―ロンコーン大学大学院生)
    江戸川乱歩「少年探偵団シリーズ」におけるチンピラ別働隊像
〈第2ブロック〉 司会 小橋 玲治(大阪大学助教)
 佐々木 俊英(大阪大学大学院生)
三島由紀夫「綾の鼓」論
    ー岩吉の人物形象を中心に「二場物」としての作品構成をめぐるー
 朴 秀浄(大阪大学大学院生)
   三島由紀夫『禁色』にみる同性愛の表象ー悠一の変化に注目してー」
 デゥシター パリンヤポン(大阪大学大学院生)
   村上春樹文学に見られる男性像ー『ノルウェイの森』を中心にー
〈第3ブロック〉 司会 莊千慧(大阪大学特任助教)
 新井 由美(大阪大学助教)
   新聞小説挿絵の諸相ー小村雪岱の仕事を中心にー
 斎藤 理生(大阪大学准教授)
   戦時下大阪の新聞小説ー織田作之助『清楚』の方法」
講評 
 荒木浩(国際日本文化研究センター教授)
 海野圭介(国文学研究資料館准教授)
 久保田裕子(福岡教育大学教授)
 ナムティップ メータセート(チュラーロンコーン大学助教授)
 飯倉洋一(大阪大学教授)  清水康次(大阪大学教授)
 蔦清行(大阪大学准教授)  山本嘉孝(大阪大学講師)
 勢田道生(大阪大学特任講師)
閉会の辞 チョムナード シティサーン(チュラーロンコーン大学助教授)
総合司会 福田 涼(大阪大学大学院生)
     李 慧玨(大阪大学大学院生)
多くの国の若手の日本文学研究者が発表・議論を行います。
参加は自由です。多くの方のご来場をお待ちしております。
主催  大阪大学日本文学研究室
    チュラーロンコーン大学文学部東洋言語学科日本語講座
共催  大阪大学大学院文学研究科
    国際交流基金
    タイ国トヨタ自動車株式会社