重要文化財「ジョサイア・コンドル建築図面」358点を電子化・公開しました。(2017年5月31日)(京都大学)

【図書館機構は、このたびオープンアクセス推進事業(※1)の一環として、国立大学改革強化推進補助金の経費により、工学研究科建築学専攻が所蔵する重要文化財「ジョサイア・コンドル(※2)建築図面」358点を電子化・公開しました。
 今回、電子化したコンドル建築図面の中には、コンドル晩年の大作である「島津邸」、「古河邸」、「成瀬邸」など貴重な建築図面が多数含まれており、これら建築図面を公開し提供することで、国内外の建築学、近代日本研究はじめ様々な分野の研究者に広く利用され、研究の発展に資するものと期待しています。さらに近代日本建築の礎を築いたコンドルの建築図面を公開・発信することで、日本の建築文化の世界的な普及につながればと考えています。】
つづきはこちらから。京都大学。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/social/events_news/department/library/news/2017/170531_1.html