福井市橘曙覧記念文学館 企画展「あたらしくなる天地を思ひきや―大政奉還と橘曙覧」(平成29年6月11日(日)~9月24日(日)会期中無休)

展示会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.fukui-rekimachi.jp/tachibana/schedule.html#kikaku

——————–
企画展「あたらしくなる天地を思ひきや―大政奉還と橘曙覧」
平成29年6月11日(日)~9月24日(日)  会期中無休
【本年は大政奉還より150年を迎えます。
江戸から明治時代へと大きく世の中が変わる中、橘曙覧もその時代の動きを捉え、さまざまに思いをめぐらしました。
曙覧は国学者として新しい世を待ち望んでいました。
その気持ちは和歌に表され、大政奉還が行われた時には「あたらしくなる天地を思ひきや吾が目昧(くら)まぬうちに見んとは」とその嬉しさを詠んでいます。
そのほかにも新時代に対する思いは曙覧の歌集『志濃夫廼舎歌集』に収められています。
本展では、残された和歌や時代背景の紹介を通し、新しい国へ熱い思いを抱いていた曙覧の姿迫ります。】
展示解説:6月18日(日)、7月1日(土) 13:30~14:00  
申込み不要、時間までにお集まりください
【橘曙覧没後150年プレ企画・講座】
「曙覧の子孫と語ろう」
とき  8月6日(日) 10:00~11:30
講師:吉田秊(みのる)氏(曙覧三男・早成子孫、福井市在住)
ところ  当館1階ロビー
内容:曙覧の没後、子孫たちは国内外で活躍し功績を残しています。教育、建築界などで活躍した子孫について、現状を含め橘曙覧全国子孫会事務局の吉田氏にお話をうかがいます。
参加費:無料
申込み:7月15日(土)9:00より電話受付します。