« 平成二十九年度 東京学芸大学国語国文学会大会(2017年6月24日(土)、本学C棟二階C二〇一教室) | メイン | 名古屋大学国語国文学会・平成29年度春季大会 シンポジウム「文学としての手紙」【塩村 耕、河村瑛子、堀川貴司の各氏】(平成29年7月8日(土)14時から17時、名古屋大学文学部棟237講義室(名古屋市千種区不老町)) »

2017年6月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●愛知県立大学地域連携センター・平成29年度地域連携事業 有馬朗人公開学術講演会「西洋の詩と東洋の詩 特に日本の詩」(2017年7月5日(水)14:00-16:30、愛知県立大学 長久手キャンパスL棟(講堂))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.bur.aichi-pu.ac.jp/renkei/regionalalliances/002274.html

--------------------

※要事前申し込み。上記サイトでご確認ください。

参加費 無料

2017年7月5日(水)
講演時刻 14:00~16:30(予定)
受付開始時刻 13:00(予定)
場所 愛知県立大学 長久手キャンパスL棟(講堂)

交通アクセス
リニモ(東部丘陵線) 「愛・地球博記念公園駅」下車 徒歩3分

講師
有馬 朗人氏(国際俳句交流協会会長・元東大総長・文化勲章受章者)

問い合わせ先
愛知県立大学 学術情報部 研究支援・地域連携課
tel:0561-76-8843
e-mail:renkei@bur.aichi-pu.ac.jp

【*講演概要

日本と世界の詩歌をテーマとし、多くの名句、名歌を読みながら
それぞれの地域の持つ固有の歴史の中で育まれた、叙景・叙情のあり方を比較し
日本の詩歌の特性を見つめます。

さらに、洋の東西を問わず、世界各地で広く享受されている日本の短詩形の
様相を考え、日本文化に内在する自然と人間の共生を指摘し
異文化との協調をめざす未来への展望を開く講演会になればと存じます。】


●グーグル提供広告