« ワークショップ「朝河貫一の教育活動」(2017年7月15日(土)13:00-17:00、早稲田大学戸山キャンパス 39号館第7会議室) | メイン | 第80回 逍遙祭 シェイクスピアの上演と翻訳(2017年7月5日(水)18:30-20:00 終了予定(18:00開場)、早稲田大学大隈記念講堂 小講堂) »

2017年6月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●二松學舍大学私立大学戦略的研究基盤形成支援事業・文学部共同国際シンポジウム「文学部の現在 ―東アジアの高等教育 文学・外国語学・古典学/儒学」(2017年7月8日土曜、二松學舍大学九段校舎1号館202教室、先着100名無料予約不要)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.nishogakusha-u.ac.jp/eastasia/pdf/ea_2017symposium2.pdf

--------------------

2017年7月8日土曜、13:30-17:00
二松學舍大学九段校舎1号館202教室、
先着100名無料予約不要

開会挨拶 13:30
学校法人二松學舍理事長 水戸英則

第I部 東アジアの文学部の現在 13:45~14:45

1「日本の文学部形成」
二松學舍大学教授 江藤茂博

2「中国の高等教育機関における語文教育の人文性と工具性―そのジレンマと対策をめぐって」
北京大学教授 廖可斌

3「中国の大学院における日本語教育」
浙江越秀外国語学院教授 王宗傑

4「人文学の研究教育と英語―香港城市大学を例として」
香港城市大学准教授 王小林

-(休憩)-

第II部 東アジアの高等教育(古典学/儒学)の現在

5「日本の大学における古典学の現況」
二松學舍大学教授 町泉寿郎

6「韓国における漢文古典研究の現況」
慶尚大学校教授 張源哲

7「日中韓における儒学の現代的意義」
魯東大学准教授 朴銀姫

8「台湾の高等教育機関における日本語教育・日本研究の現状と展望」
台湾大学准教授 林立萍

9「中国の高等教育機関における日本語教育・日本研究の現状と展望」
浙江工商大学教授 王宝平

-(休憩)-

総括討議 16:20~16:50

閉会挨拶 16:50~16:55
二松學舍大学学長 菅原淳子

同日開催
次世代研究発表会 9:00~12:00
司会進行:川邉雄大(二松學舍大学・SRF研究協力員)

1「韓国における山学研究の現況―智異山を中心に」
慶尚大学校漢文学科 姜貞和
2「田中正造の思想世界:神、天、聖、無、天国」
二松學舍大学 商兆琦
3「明代楊亘の『武夷志』が朝鮮の山誌編纂に与えた影響」
慶尚大学校慶南文化研究院 全丙哲
4「林羅山と清原宣賢の校勘学―『三略直解』をめぐって」
二松學舍大学大学院 武田祐樹
5「『朝鮮通信総録』から見る日朝交流」
慶尚大学校慶南文化研究院 鄭英實
6「漢文白話小説の書き手―「秋風道人」とは誰か」
二松學舍大学大学院 楊爽
7「孔子2400年追遠記念祭と斯文会」
関西大学東西研究所 丁世絃
8「19世紀日本の経穴学にみる漢蘭折衷」
二松學舍大学大学院 加畑聡子
9「近代転換期の朝日交流に関する研究とデジタル人文学の出会い―修信使資料のDB編纂プロジェクトを中心に」
韓国学中央研究院 柳印泰
10「近代「日本」の「表記」をめぐって―「漢字」を超克する志向と文脈」
二松學舍大学大学院 平崎真右
(会場:二松學舍大学 九段校舎 1号館 807 教室)


●グーグル提供広告