北海道大学国語国文学会・平成二十九年度大会(2017年7月22日(土)午前9時より、北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W四〇九会議室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
https://sites.google.com/site/hkokugokokubun/meeting

——————–
○日時 七月二十二日(土)午前九時より
○会場 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W四〇九会議室
○内容
一、研究発表
並列を表す「し」と「たり」の機能について ……… 院生 大山 隆子
「も」の数量詞接続に関する考察 ……… 院生 稲吉 真子
日本語の名詞句における主要部位置の再考
―「名詞+の+名詞」の反転現象を対象とした 名詞分析― ……… 院生 中村真衣佳
漢字字体の記載からみた改編本系『類聚名義抄』 ……… 院生 張  馨方
上野本『注千字文』の漢字音について……… 院生 鄭  門鎬
『土左日記』亡児追慕記事における象徴性 ……… 院生 大場 健太
宮原晃一郎「身に咲いた花」とイメージとしての天国
―札幌聖公会との関わりから― ……… 院生 王   玉
円地文子『女坂』論―沈黙の風景― ……… 院生 齊田 春菜
村上春樹小説における「空間」をめぐって
―『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』から『1Q84』へ― ……… 院生 袁  嘉孜
一、講演
    講演 虚構の表現主体 ………愛知県立大学教授 福沢 将樹
一、総会