« 『詞林』第61号(2017年4月号) | メイン | 三重短期大学・専任教員公募(文学)【担当科目 文学及び外国語(英語、独語、仏語、中国語のうち任意の一つ)、その他関連科目】(2017年08月21日 必着 午後5時までに必着のこと) »

2017年6月26日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●西尾市岩瀬文庫・企画展「音」(2017年7月01日(土)〜2017年9月03日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://iwasebunko.jp/event/exhibition/entry-218.html

--------------------

【私たちの身のまわりには音があふれています。街中で聞こえてくる音楽、風の音、虫たちの声などさまざまです。江戸時代の人々も町中にあふれる音を身近に感じながら、自ら音楽を奏で、楽しみ、ときには表現しながら暮らしてきました。書物には、楽器や楽譜を記すだけでなく、春には鳥、秋には虫の声を聴き、音のある風景を楽しんでいた姿が描かれています。
 古典籍の博物館ならではの音を目で楽しむ展示。ゆっくりとご覧ください。】

会期
2017年7月01日(土)〜2017年9月03日(日)

展示解説
7月15日(土)・8月19日(土) 両日とも午後1時30分~
岩瀬文庫企画展示室

古文書講座
9月3日(日) ①午前10時30分~ ②午後1時30分~
「江戸時代の"音"の風景を読もう」
会場:岩瀬文庫地階研修ホール
資料代:100円
定員:各回30名
※要予約。8月19日(土)午前9時から直接または電話にて。


●グーグル提供広告