« ローマ字で書かれた中国の地名(レファレンス事例・ツール紹介(6)):アジア情報室通報 15巻2号・山本 彩佳(国立国会図書館関西館アジア情報課)(国立国会図書館) | メイン | 太田記念美術館 企画展「大江戸クルージング」(2017年7月1日(土)~23日(日)) »

2017年6月30日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東海大学付属図書館特別図書展・テーマ『連歌展~貴族から武士、そして民衆へ~』(2017/6/19(月)~7/31(月)、11号館1階 付属図書館展示室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://bit.ly/2troNna

--------------------

【連歌は和歌から起こりました。元は貴族の教養だった和歌ですが、鎌倉時代頃に人々が集まって歌を詠みあうという形に変化してきました。それが連歌です。連歌が「座の文芸」と言われる由縁です。そして室町時代の応仁の乱前後に飛躍的な発展を遂げていきます。
 連歌が盛んになる室町時代から戦国時代では、連歌の専門家、連歌師が多く出てきました。その中で今回は、代表的な心敬や宗祇に関係する資料を中心に展示しました。昔の人が連歌を楽しむ様子を想像しながらご覧になってください。】

期間:2017/6/19(月)~7/31(月)
場所:11号館1階 付属図書館展示室
時間:9:00~17:00(土曜 ~16:00) ※日曜閉室
詳しくはこちらへ⇒第63回展示会.pdf


●グーグル提供広告