« 【白川静没後十年記念企画】連続講座『甲骨文(ト辞)を通して殷代社会に分け入る 』講師:高島敏夫氏(全3回:2017/7/1・10/21・2018/1/13、立命館大学衣笠キャンパス 平井嘉一郎図書館カンファレンスルーム) | メイン | 武西良和 個人詩誌「季刊 ぽとり」第46号 »

2017年6月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国際交流基金主催 孫慰祖先生特別講義「三十年来の古璽印研究における新認識ーー曖昧から明晰へマクロからミクロへ印の中から印の外へ」(2017年6月14日(水))・「秦漢南北朝璽印の断代研究」(6月18日(日)、明治大学駿河台キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~meikodai/obj_info.html

--------------------

主催/国際交流基金
後援/明治大学国際日本古代学研究クラスター、明治大学アジア資料学研究所
孫慰祖先生特別講義


【第一報告】「三十年来の古璽印研究における新認識
       ーー曖昧から明晰へマクロからミクロへ
                  印の中から印の外へ」

2017年6月14日(水)15:20〜17:00

場所:明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント1階 多目的室

参加無料・申込不要

【題二報告】「秦漢南北朝璽印の断代研究」

2017年6月18日(日)14:00〜16:00
場所:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1階 1011教室

参加無料・申込不要

チラシはこちら(PDF)


●グーグル提供広告