« 久松健一『原稿の下に隠されしもの 遠藤周作から寺山修司まで』(笠間書院) | メイン | 日本学術会議、「学術の総合的発展をめざして―人文・社会科学からの提言―」を公表(カレントアウェアネス・ポータル) »

2017年6月 7日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●関西大学東西学術研究所・2017年度 第4回研究例会<言語接触研究班>【総合テーマ:『華英通語』をめぐってー清末英語事始】(2017年6月16日(金) 13:00~17:00、千里山キャンパス 以文館4階セミナースペース)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kansai-u.ac.jp/Tozaiken/news/2017/06/201742017616.html

--------------------

日 時:2017年6月16日(金) 13:00~17:00
場 所:千里山キャンパス 以文館4階セミナースペース

総合テーマ:『華英通語』をめぐってー清末英語事始

研究発表
再論『華英通用雑話』 
 内田慶市(言語接触研究班研究員)

新出資料『華英通語』道光本と中国初期英語教材の系譜 
 田野村忠温(大阪大学 教授)

『華英通語』「狩野本」の英漢対音と脱鼻音化 
 矢放昭文(京都産業大学 教授)

辞書は伝道への架け橋である
―W.H.メドハーストの対訳辞書の編纂をめぐって
  陳 力衛(言語接触研究班委嘱研究員)


※申込不要・聴講無料


●グーグル提供広告