ノートルダム清心女子大学 日文エッセイ164「春日なる三笠の山」と遣唐使 ―阿倍仲麻呂「遣唐1300年」を迎えて―(東城敏毅)

日本語日本文学科ブログを更新。 東城敏毅准教授「『春日なる三笠の山』と遣唐使–阿倍仲麻呂『遣唐1300年』を迎えて–」を掲載。その人生の長きを異国の地で暮らし、ついには帰国することなく生涯を終えた仲麻呂。歌に込めた思いとは。
●続きはこちら
http://www.ndsu.ac.jp/department/japanese/blog/2017/06/163-1.html