« 田中登『私が出会った人と本』(青簡舎) | メイン | 面白かった、この3つ...小山聡子(二松学舎大学)●リポート笠間62号より公開 »

2017年6月 1日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●全国大学国語国文学会第115回夏季大会 公開シンポジウム「小さい窓から文化を語る」(2017年6月3日(土)、早稲田大学中央図書館併設・国際会議場・井深大記念ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。


--------------------

全国大学国語国文学会第115回夏季大会
公開シンポジウム「小さい窓から文化を語る」
開催のお知らせ

来聴歓迎・無料

日にち 2017年6月3日(土)
時間  13時~17時
会場  早稲田大学中央図書館併設・国際会議場・井深大記念ホール
テーマ 「小さい窓から文化を語る」
パネリスト 首都大学東京教授 浅川哲也
       ら抜き言葉と〈れれる言葉〉の拡大
      ―日本語母語話者の〈誤用〉問題― 
      早稲田大学非常勤講師 吉井美弥子
       文学研究にできること
      ―『文学・語学』編集長の経験と古典文学研究の立場から―
      明治大学准教授 生方智子
       対抗文化としてのファンタジー
      ―谷崎潤一郎『少年』における成長の拒否― 
コーディネーター・司会
       早稲田大学教授 石原千秋 

詳細は全国大学国語国文学会のHPを参照のこと
http://www.nacos.com/kokubun/taikai.html


●グーグル提供広告