国文学研究資料館・第2回国際シンポジウム 文学の‛DNA’―世界文学と日本近代文学(2017年6月9日(金)13:30-17:30、国文学研究資料館 2階 大会議室、日本語・入場自由・事前申し込み不要)

研究会情報です。
●情報参照はこちら
https://asnet-utokyo.jp/news/external/2679

——————–
The 'DNA' of Literature.jpg
日本語・入場自由・事前申し込み不要
第2回国際シンポジウム 文学の‛DNA’―世界文学と日本近代文学
The 2nd International Symposium
The ‘DNA’ of Literature: World Literature and Modern Japanese Literature
【日時Date & Time】
2017年6月9日(金)13:30-17:30
9th June (Fri), 2017 1:30-5:30 pm
【場所 Venue】
国文学研究資料館 2階 大会議室
Main Conference Room, 2nd Floor
National Institute of Japanese Literature (NIJL)
*This symposium is open to the public.
No registration is required.
Japanese will be used in the symposium.
【プログラム Program】
13:10 野網摩利子 Mariko Noami(Associate Professor, 国文学研究資料館 NIJL)
「リリカル・バラッドと漱石小説の世界」”Lyrical Ballads and The World of Sôseki’s Novels” 
13:45 ダリン・テネフ Darin Tenev (Associate Professor, ソフィア大学 The University of Sofia)
「世界文学のエピジェネティックス」”Epigenetics of World Literature”
14:40 スティーブン・ドッド Stephen Dodd (Professor, ロンドン大学東洋アフリカ研究学院 SOAS, University of London)
「運動としてのモダニズム―ニカラグアから日本へ」”Modernism as Movement: From Nicaragua to Japan”
15:15小森陽一 Yôichi Komori(Professor, 東京大学 The University of Tokyo)
「「坊っちやん」の世界史―ラファエロからゴーリキーまで―」”A World History of “Botchan”: From Raphael to Gorky”
16:10マイケル・ボーダッシュ Michael K. Bourdaghs(Professor, シカゴ大学 University of Chicago)
「漱石の(反)世界文学と(反)翻訳」”Sôseki’s (Anti-)World Literature and (Anti-)Translation”
16:45谷川惠一 Keiichi Tanikawa(Professor, 国文学研究資料館 NIJL) 
「世界文学の文体チューニング―ローザ・ルクセンブルクの手紙」”‘Style Tuning’ in World Literature: Rosa Luxemburg’s Letters”
17:20 総論 Discussion
【司会MC】
野網摩利子Mariko Noami(Associate Professor, 国文学研究資料館NIJL)
【主催 Organizer】
国文学研究資料館 National Institute of Japanese Literature
【問い合わせ Contact】
国文学研究資料館研究協力係 General Affairs Division, NIJL Tel +81-50-5533-2911