« 「表現技術研究・第12号」(広島大学表現技術プロジェクト研究センター) | メイン | 味の素食の文化センター所蔵の"江戸の料理書"約300点のデジタル化が完了し、「新日本古典籍総合データベース」から閲覧できるように(国文学研究資料館) »

2017年5月17日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●焼山廣志監修・道真梅の会編『菅原道真漢詩集『菅家後集』全注釈([讀樂天北窻三友詩]・[敍意一百韻])』(福岡学術出版社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

焼山廣志氏よりいただきました。

kankekousyuzentyusyaku.jpg

A4判・並製・356頁
2017.3.31発行
焼山廣志監修・道真梅の会編(荒川美枝子・井原和世・須藤修一・田中陽子)
福岡学術出版社刊

【焼山が行って来た大宰府謫居時代の『菅家後集』全詩の注釈論文を平成30年に新規に開設するホームページ上で公表する計画】とのこと。

お問い合わせは有明高専・焼山廣志氏まで。

【目次】

[はじめに]
[作品注釈①]「477 讀樂天北窻三友詩 七言」
[論文]須藤修一著『菅家後集』「477 讀樂天北窻三友詩」54句目「今之三友一生悲」の「三友」についての一考察
[作品注釈②]「484 敍意一百韻」(焼山廣志著『菅原道真研究〜[菅家後集]所載の作品論と編纂事情考(注釈を通して)〜』所載資料 再掲載分)
[あとがき]


●グーグル提供広告