九州大学大学院法学研究科准教授大賀哲氏、一橋大学大学院経済学研究科講師川口康平氏が発起人で、「研究の生産性向上のための間接経費の効果的な運用についての要望書」を河野太郎議員に提出、賛同者を募集中。【研究者番号をお持ちの方】を対象とした「研究時間と間接経費の運用方法」についてのアンケート(匿名)もあり。

●「研究の生産性向上のための間接経費の効果的な運用についての要望書」
https://sites.google.com/r.hit-u.ac.jp/policy-proposal
●アンケート調査へのご協力のお願い
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdB1iHqOqjj-8wWRAiP_SjHeUvLzzK8z2IRbdxK-_cuwJDbLw/viewform