« 古今伝授の里フィールドミュージアム 白山開山1300年祭・白山長滝法楽連歌会&講座「連歌と信仰」(平成29年6月24日(土)6月25日(日))【25日(日)の講座は、竹島一希氏・鶴崎裕雄氏】 | メイン | 九州大学大学院比較社会文化研究院教授の公募【(1)日本近現代文学と比較文学の両分野の研究と教育、とくに日本の1920~30年代のモダニズム文学ならびに東アジアのモダニズムについての研究と教育の業務。】【外国語による講義・研究指導が可能である】(2017年05月13日 ~ 2017年07月10日 必着) »

2017年5月13日

 記事のカテゴリー : 研究者のための公募情報

●人文学オープンデータ共同利用センター特任研究員募集(平成29年6月30日(金)(必着)ただし適任者が見つかり次第、一部またはすべての公募を終了することがあります)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【6.資格・条件:
職務内容 (1) (2) (3) について、それぞれ以下の条件を満たし、修士号取得者以上(博士号があればなおよい)。

(1) 人文学データの画像解析に関する研究開発業務(日本古典籍)
画像処理、コンピュータビジョン、機械学習に関する研究業績を有すること。あるいは、これらの分野におけるソフトウェア開発やシステム開発において、アルゴリズムを深く理解しまたは新規開発しながら主体的に推進した研究開発業務の経験を有すること。
これらの技術を人文学データに適用することに興味を有すること。
(2) 人文学データの画像・言語解析に関する研究開発業務(日本近代書籍)
画像処理、コンピュータビジョン、機械学習に関する研究業績を有すること。あるいは、これらの分野におけるソフトウェア開発やシステム開発において、アルゴリズムを深く理解しまたは新規開発しながら主体的に推進した研究開発業務の経験を有すること。
これらの技術を人文学データに適用することに興味を有すること。
(3) 人文学データのオープン化および利活用に関する研究開発業務
情報学、図書館情報学などの分野における研究実績を有すること。あるいは、これらの分野におけるソフトウェア開発やシステム開発において、設計段階から完成段階までを主体的に推進した研究開発業務の経験を有すること。

いずれの研究開発業務においても、システムの構築や公開に加え、論文執筆、学会発表、オープンソース開発、標準化活動等の形で、研究開発成果の外部公開に積極的に関わる意欲を持つこと。】

詳細は以下より。
https://ds.rois.ac.jp/post-1339/



●グーグル提供広告