« 日本社会文学会が「「共謀罪」法案に断固反対する」声明をウェブサイトに掲載。 | メイン | 「みんなで翻刻 - 歴史災害史料のオンライン翻刻プロジェクト」が、「ステージ2」と題して新規史料28点を追加 »

2017年5月 4日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東海近世文学会5月例会(第269回)(平成29年5月13日(土)14時~17時、鶴舞中央図書館 第1集会室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://toukaikinsei.blogspot.jp/2017/05/blog-post.html

--------------------

日 時:平成29年 5月 13日 (土) 14時~17時
場 所:鶴舞中央図書館 第1集会室

プログラム
・研究発表
「『色里三所世帯』における各章の関連と物語の趣向について」
日比野 洋文 氏(同朋大学大学院文学研究科博士後期課程)

・研究発表
「『浄土要文抄』『あみだはだか物語』『あみだかんきん抄』の出版をめぐって」
飯野 朋美 氏(中京大学非常勤講師)
・研究発表
「安永天明期の尾張俳壇と歌仙合―飯田俳人との交流事例をもとに―」
寺島 徹 氏(金城学院大学教授)

【今年度の例会開催予定】
今後の例会予定日は、6月17日(土)・7月15日(土)、9月16日(土)、
12月2日(土)です。会場は上記の日程につきましては、
熱田神宮文化殿2階会議室です。10月、1月につきましては、
日時と場所が決定し次第、ご連絡致します。


●グーグル提供広告