« サンデー毎日(2017年5月28日号)で飯倉洋一編『アプリで学ぶくずし字』が紹介されました。「近世以前の日本文化の扉を開く 古文書解読入門の最新鋭ツール」。 | メイン | 第5回 BTSJ活用方法講習会(平成29年6月10日 (土) 10:00~16:00 (12:00~13:00休憩)、国立国語研究所 2階 講堂、要申し込み) »

2017年5月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東京銀座ぎゃらりい秋華洞「鈴木博雄 歌川国芳 二人展」(2017年5月26日(金)~6月4日(日) 会期中無休)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示販売情報です。

●公式サイトはこちら
http://syukado.jp/feature/2017/05/hiroo-kunyoshi.html

--------------------

【古典絵画の人物図様を「こども」に置き換えるなど、既存の物事に対し新たな見方を提起する平成絵師=鈴木博雄と、今の若い世代にも人気の江戸浮世絵師、歌川国芳の二人展。】

会期:2017年5月26日(金)~6月4日(日) 会期中無休 場所:ぎゃらりい秋華洞
時間:10:00~18:00 入場無料 展示販売いたします。

鈴木博雄(すずき・ひろお)
 1986年兵庫県生まれ。2012年東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学保存修復日本画専攻修了。 浮世絵や江戸絵画に見られる人物図様を「こども」に置き換えるなど、古典的モチーフをどこかほのぼのとした世界観に変容させ、近世絵画への「読み替え」を図る。古画研究に裏打ちされた高い専門知識と技術から生み出される心和む作風が、国内外の美術愛好家を魅了している。


●グーグル提供広告