« 平成29年 相愛大学人文学部公開講座 人文学を楽しむ「恋歌事情」講師:鈴木徳男氏(2017年6月10日(土)〜全5回) | メイン | 古代文学会◎2017年度シンポジウム(2017年7月1日(土)、共立女子大学)・夏期セミナー(8月21日(月)〜8月23日(水)、箱根千條旅館)テーマ:「古代のエピステーメーを問う--ヴァリアントを通して」 »

2017年5月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●古代文学会6月例会(2017年6月3日(土)、共立女子大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://kodaibungakukai.sakura.ne.jp/wp/kenkyuuhappyoukai/reikai/

--------------------

日時 2017年6月3日(土) 午後2時より5時まで
場所 共立女子大学本館 823教室
発表  蝦名 翠氏

題目 「凡夫の肉眼」による『日本霊異記』」
要旨 
 『日本霊異記』には、幾多もの「見る」が登場する----それは夢であったり、己が目にのみ映る地獄の光景であったり、 仏の霊験として周知される奇跡であったりする。 中には、下巻第六縁のように、奇跡の目撃を信じなかった人物によって、かえって仏の霊験の偉大さが確認される説話もある。そして、 聖徳太子の「通眼」や 行基の「天眼」のように、日本国の聖人は、真実や因果を見抜く力を備え持つ者として描かれている。
 『日本霊異記』の「見る」には、編者・景戒自身の「見る」ことに対する強い意識が反映されている。それは、私度僧を経た官僧として八世紀後半の日本国を生き、自身の現在の不遇・不明を前世での不信心の因果であるとして慚愧した上で、「表相」を通して因果を知り未来を知り真の信仰に近づこうと願い勤め続けた景戒自身の、「凡夫の肉眼」に生まれついた身としての意識であろう。行基をはじめとする偉大な信仰者ではない、平凡な目撃者もしくは「見ることができなかった」者を描く説話を通して、『日本霊異記』の「見る」を読み解きたい。

司会  山口 敦史氏

【事務局より】
◎例会終了後に委員会を行います。委員の方々はお集まりください。

◎例会発表の予定
9月2日(土)高桑枝実子氏 / 10月7日(土)大胡太郎氏/ 11月4日(土)遠藤耕太郎氏/12月2日(土)山崎健太氏/
2018年以降/ 1月6日(土)生駒桃子氏 /2月3日(土)鈴木雅裕氏 /3月3日(土)奥田和弘氏


●グーグル提供広告