『青山語文』第47号[廣木一人教授退任記念号・日本文学科創設五十周年記念号](青山学院大学日本文学会)

青山学院大学日本文学会さまからいただきました。
aoyama47.jpg
●公式サイトはこちら
http://www.cl.aoyama.ac.jp/japanese/thesis/index.html
A5判・並製・238頁
2017.3.17発行
【目次】
廣木一人教授を送る(佐伯真一)
廣木一人教授略歴  
梵灯庵の東国下向―「梵灯庵道の記」をめぐって―(廣木一人)
宗尊親王鎌倉歌壇を支える人々―弘長二年の歌合を手懸りとして―(佐藤智広)
「古典」となった『徒然草』― 一七世紀の俳諧を中心に―(松本麻子)
室町期における三席御会(山本啓介)
真福寺本古事記の頭書と下巻天皇記冒頭続柄記事(矢島泉)
戦争下の歌人たちと『萬葉集』―『歌集新日本頌』を通じて〈戦争と萬葉集〉―(小松(小川)靖彦)
香りの表象―『源氏物語』梅枝巻における源氏と蛍宮のやりとりをめぐって―(武居辰幸)
『平家物語』における男色(佐伯真一)
心付的付合法の諸相(寺尾麻里)
凡俗の人・団水(篠原進)
水上瀧太郎「精神的主幹」時代の『三田文學』(網倉勲)
「石本検校」の世界―菊池寛の将棋―(西井弥生子) 
「玉砕」の桜―アッツ桜とその受容―(内村文紀)
召使いをうたう詩(遠藤星希)
字音形態素「極・超・激・爆」について(山下喜代)
ー日本文学科50周年特集ー
日本文学科創設五十周年を祝って(武藤元昭)
日本文学科卒業生記念エッセイ
(吉田昌志、吉森佳奈子、稀代麻也子、雨宮雄一、若松伸哉、亀井森、陳連冬、森幸穂、畑中基紀、バンクス祥恵、島田大助、渡部萌子、掛野剛史、孫敦夫、宮川葉子)
日本文学科五十年のあゆみ
修士論文・卒業論文題日(二〇一六年度)