« 2017(平成29)年度 花園大学 日本文学会 公開講演会(2017年6月10日(土)午後1時30分~聴講無料、花園大学 自適館300教室) | メイン | 花園大学歴史博物館 白隠禅師250年遠諱記念 原の白隠さん ―松蔭寺と静岡沼津伝来の禅画・墨蹟―(2017年4月3日(月)〜6月10日(土)) »

2017年5月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●室生犀星記念館 企画展「犀星歳時記~春夏編~」開催中(平成29年6月25日(日)まで)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kanazawa-museum.jp/saisei/exhibition/index.html

--------------------

 雪あたたかくとけにけり
 しとしとしとと融けゆけり  詩「ふるさと」より

あたたかな雪、それはもう、春。犀星が最も敏感に反応し、数多くの詩や小説に書いた季節は早春ではないでしょうか。雪国の永い冬を越え、たくさんの生きものたちが命のいとなみを始めるこの季節の輝かしさを、犀星は生涯忘れることはありませんでした。

一月遅れの涅槃会(ねはんえ)、雛祭り、一時にひらく杏、梅、李(すもも)。
海からの春の便りは鰯・・・。
初夏から夏にかけてはあやめ、蛙、果実、鮎、蛍、蝉、盂蘭(うら)盆・・・。
どんな季節にどんなことを思うのか、犀星ならではの歳時記を作品や日記のなかからすくいとり、紹介する展示の秋冬編につづき、このたび春夏編を開催します。犀星に触発されて、私たちも心の中の歳時記を何かに書き留めてみたくなるかもしれません。

企画展関連イベントはコチラから

講座はコチラから


●グーグル提供広告