« 山口県立萩美術館・浦上記念館 ―色絵磁器の最高峰― 今右衛門の色鍋島(2017年4月29日(土)~6月25日(日)) | メイン | 英国図書館、ベッテルハイム著「英琉辞書」「琉球語と日本語文法の要綱」の手稿をデジタル化(カレントアウェアネス・ポータル) »

2017年5月 9日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大阪歴史博物館 館長講演会「難波宮と複都制」講師:栄原永遠男館長(平成29年6月24日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2017/kantyokoenkai.html

--------------------

日本の古代には「複都制」というミヤコに関する制度がありました。難波宮は、この「複都制」の重要な一角をなしていたとされます。「複都制」や難波宮については、最近さかんに議論されていますが、その議論を整理しつつ、日本の古代のミヤコの中で、難波宮がどのような位置にあったのかを考えたいと思います。

講師 栄原永遠男館長
開催日時 平成29年6月24日(土)
     午後1時30分~午後3時(受付は1時から)
会場 大阪歴史博物館 4階 講堂 交通のご案内
参加費 200円
※歴博ボランティア・キャンパスメンバーズは無料とする
定員 250名(当日先着順)
お問合せ 大阪歴史博物館「館長講演会」係
TEL 06-6946-5728/FAX 06-6946-2662


●グーグル提供広告