« しみまるシール付きの『アプリで学ぶくずし字』を笠間書院 Web Shop[Paypal決済]で限定販売します!(先着80名・送料無料) | メイン | 大阪府立図書館・第134回大阪資料・古典籍室小展示「遠くて近い琉球」(平成29年5月8日(月曜日)から平成29年7月1日(土曜日)まで) »

2017年5月 8日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●「日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成」研究発表会(平成29年6月11日 (日) 10:00~15:00、国立国語研究所 2階 多目的室 (東京都立川市緑町10-2))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20170611-02/

--------------------

開催期日
平成29年6月11日 (日) 10:00~15:00
開催場所
国立国語研究所 2階 多目的室 (東京都立川市緑町10-2)

【趣旨

本プロジェクトでは,日本の消滅危機言語・方言の文法記述のために毎年テーマを設けて研究発表会を開催している。今年度のテーマは「指示詞・代名詞」である。日本語・琉球語諸方言の指示詞・代名詞が多様であることは以前からよく知られている。本プロジェクトでは,一方言の形式を羅列するだけではなく,その方言における体系を描くことを目的としている。そこで今回の研究発表会では,日本語標準語とは異なる指示詞・代名詞体系を持つ言語からの視点を導入し,日本語・琉球語諸方言の指示詞・代名詞体系の記述の精緻化を図る。さらに,議論をとおして研究手法の見直しや類型論的位置づけの検討を目指す。】

プログラム

10:00~11:30 (質疑応答を含む)
招待講演
「トルコ語の指示詞についてわかったこと,どうしてもわからないこと」
林 徹 (東京大学)

11:40~12:40
研究発表
「宮古語諸方言における文脈指示のバリエーション」
林 由華 (日本学術振興会特別研究員 / 国立国語研究所) ,衣畑 智秀 (福岡大学)

12:40~13:30
昼食

13:30~14:30
研究発表
「琉球諸語の代名詞 : これまでの記述にもとづく類型化試論」
下地 理則 (九州大学 / 国立国語研究所)

14:30~15:00
ディスカッション


●グーグル提供広告