日本近世文学会平成29年度春季大会(平成29年6月10日(土)〜12日(月)、東京女子大学24号館)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kinseibungakukai.com/doc/taikai132.html

——————–
日本近世文学会平成29年度春季大会
期日 平成28年6月10日(土)・11日(日)・12日(月)
会場 東京女子大学 24号館
大会プログラムPDF
第1日 6月10日(土)/24号館2階24202
研究発表会(14:10~16:30)
1 『万の文反古』巻二の一「縁付まへの娘自慢」考
―「今程世間に見せかけのはやる事はなし」をめぐって― 大阪大学(院)岡部 祐佳
2 『浄土要文抄』『あみだはだか物語』『あみだかんきん抄』の諸版 中京大学(非)飯野 朋美
3 関ケ原説話の生成―植木悦『慶長軍記』再考― 防衛大学校 井上 泰至
第2日 6月11日(日)/24号館2階24202
研究発表会 午前の部(10:30~12:10)
4 佐倉惣五郎物実録の系譜―『佐倉花実物語』の位置づけをめぐって― 早稲田大学(院)荻原 大地
5 『清渚集』「神宮先輩?近来国学人歌集」に関する一考察
―長歌部に見る本居大平の影響― 梅光学院大学 倉本 昭
6 小番付集『浪花みやげ』考
―幕末の娯楽的読み物の流通とその性格― ケンブリッジ大学 ラウラ・モレッティ
研究発表会 午後の部(13:30~15:10)
7 『児雷也豪傑譚』作者考
―一筆庵主人から柳下亭種員への嗣編の問題を中心に― 京都大学(院)大関 綾
8 合巻の表現規制と『茶釜前杓子物語』 日本大学 佐藤 至子
9 『雅仏小夜嵐』も上田秋成作ならん 明治大学名誉教授 德田 武
第3日 6月12日(月)
文学実施踏査