平成29年度 第2回伝音セミナー 雅楽の今昔─復元・再現演奏を聴く─(その2)進行役:田鍬智志(平成29年6月1日(木)、京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://jupiter.kcua.ac.jp/jtm/events/spsemi/spsemi2017-1.html

——————–
平成29年度 第2回伝音セミナー
内容 希少音源をを鑑賞しながら、歌や演奏等の紹介・解説等を行います。
雅楽の今昔─復元・再現演奏を聴く─(その2)
日本の雅楽は長い伝承の間、盛衰を経て今日に至っています。それぞれの時代の雅楽はどのような音楽なのでしょうか。といっても古楽譜解読の結果立ち現れる音楽は、解読する人によりかなり違ってきます。さまざまな研究者・演奏者による復元・再現演奏を聴いてみます。
進行役:田鍬智志(日本伝統音楽研究センター准教授)
日時 平成29年6月1日(木曜日)午後2時40分~午後4時10分
会場 京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
 合同研究室1(新研究棟7階)
 (京都市立芸術大学へのアクセス http://www.kcua.ac.jp/access/
参加費 無料。
問合せ先 京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
Tel.075-334-2204
>> 問い合わせフォーム