« 室生犀星記念館 企画展「犀星歳時記~春夏編~」開催中(平成29年6月25日(日)まで) | メイン | 中京大学公開講座/文化・芸術・教育シリーズ第57回 受講無料 ミュージアムの魅力-文化の継承と未来ー(2017年7月7日(金)、名古屋キャンパス ※要申込) »

2017年5月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●花園大学歴史博物館 白隠禅師250年遠諱記念 原の白隠さん ―松蔭寺と静岡沼津伝来の禅画・墨蹟―(2017年4月3日(月)〜6月10日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.hanazono.ac.jp/event/20170310-7342.html

--------------------

白隠禅師250年遠諱記念 原の白隠さん ―松蔭寺と静岡沼津伝来の禅画・墨蹟―

会期
2017年4月3日(月)〜6月10日(土) 
 ※会期中、大幅な作品の展示替を行います。
  前期:4月3日(月)~5月4日(木・祝)
  後期:5月8日(月)~6月10日(土)

休館日
日曜日、5月5日(金・祝)・6日(土)
※但し、大学行事により臨時休館する場合があります。

開館時間
10:00~16:00(土曜日は14:00まで)

会場
花園大学歴史博物館(無聖館4階)

入館料
無料

概要
白隠慧鶴(1685~1768)の由緒寺院として、その代表にあるのが住持をつとめた松蔭寺(静岡県沼津市原)。沼津を中心とする静岡地方には、白隠による夥しい数の禅画と墨蹟が伝来しています。まさに白隠遺墨の宝庫といえましょう。
これまで、松蔭寺をはじめ沼津地方の禅宗寺院に伝来する白隠遺墨は、展覧会などを通じて紹介されてきました。しかし、松蔭寺に蔵される白隠遺墨がまとまって展観されたことはありません。本展覧会では、松蔭寺の全面的協力のもと、同寺に蔵される白隠の禅画と墨蹟の全貌を紹介します。
さらに、沼津の禅宗寺院に伝来する白隠の画賛作品をあわせて展観し、白隠画の魅力に迫ります。沼津の地において「白隠さん」と親しまれた白隠の禅風に触れていただくとともに、庶民に向けた数々の禅画により、白隠が私たちに投げかける問いを再認識する機会となれば幸いです。

※白隠禅師250年遠諱事業は、平成28年度から平成29年度の2ヶ年にわたり厳修します。


●グーグル提供広告