« 20世紀メディア研究所 : 第112回研究会(2017年5月27日(土)、早稲田大学 早稲田キャンパス) | メイン | 三角洋一『中世文学の達成 和漢混淆文の成立を中心に』(若草書房) »

2017年5月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本出版学会 学術出版研究部会「学術出版の課題と役割――出版流通の見地から考える」討論者:金原俊氏氏(2017年6月9日(金)、専修大学神田キャンパス ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.shuppan.jp/yotei/896-201769.html

--------------------

■日本出版学会 学術出版研究部会のご案内(2017年6月9日開催)

「学術出版の課題と役割――出版流通の見地から考える」

日 時:2017年6月9日(金) 午後6時30分~8時30分
報 告:牛口順二会員(紀伊國屋書店 顧問)
討論者: 金原俊氏(医学書院 取締役副社長)
場 所:専修大学神田キャンパス 571教室(5号館7階)
    〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
    http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/campus.html#map_kanda

交 通:水道橋駅(JR)西口より徒歩7分
    九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分
    神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分
会 費:日本出版学会会員無料、会員外一般参加費は500円(ただし、学生は無料)
定 員:70名(満席になり次第締め切ります。やむなくお断りすることもあります)

申込先:日本出版学会 学術出版研究部会/山崎隆広 takahiro.yamazaki@mail.gpwu.ac.jp
    準備の都合上、件名を「6/9学術出版研究部会申し込み」として、「メール」でお申し込みいただけましたら幸いです。

 世界的な出版環境変容の波は、学術出版の在り方にも大きな影響をもたらしている。その変化に、いま我々はいかに向き合うべきか。
 本報告会では、本年2月17日に行われたこの問題についての出版社の見地からの報告を承けて、主に流通の知見からの分析と問題提起を行う。近年の学術書市場における図書館の動きは。物流、注文対応をはじめとする流通改革の現状は。電子化の動きについての海外の対応は――。
 国内外における学術出版の課題、そして未来について、最新の分析と報告を行なっていく。

主 催:学術出版研究部会(担当理事:山崎隆広)


●グーグル提供広告