公開シンポジウム「音声言語・手話言語のアーカイブ化の未来」(2017年6月10日(土)、日本女子大学 目白キャンパス)

シンポジウム情報です。
●情報はこちらからいただきました
https://www.jpling.gr.jp/gakkai/gakkaibbs.php

——————–
公開シンポジウム 「音声言語・手話言語のアーカイブ化の未来」
日時 2017年 06月 10日 (土)  14:00-17:00
場所 日本女子大学 目白キャンパス 新泉山館(しんせんざんかん)大会議室
  (東京都文京区目白台2-8-1)
内容 プログラム:
 14:00 木部暢子(国立国語研究所 教授・日本学術会議第1部会員)
    「音声言語の多様性、その保存・活用」
 14:30 菊澤律子(国立民族学博物館・総合研究大学院大学 准教授)
    「音声言語と手話言語をつなぐもの」
 15:00 酒井邦嘉(東京大学大学院総合文化研究科 教授・日本学術会議連携会員)
    「自然言語の多様性とは」
 15:30 坊農真弓(国立情報学研究所・総合研究大学院大学 准教授)
     大杉豊(筑波技術大学・障害者高等教育研究支援センター 教授)
    「コーパスを用いた手話相互行為分析」
 16:00 休憩
 16:10 総合討論
    コメンテーター:清水康行(日本女子大学文学部日本文学科 教授)
    ディスカッサント:松森晶子(日本女子大学文学部英文学科 教授・日本学術会議連携会員)
 総合司会:松森晶子(日本女子大学文学部英文学科教授・日本学術会議連携会員)
備考 共催:日本学術会議 言語・文学委員会 科学と日本語分科会
   日本女子大学文学部・大学院文学研究科
連絡先 金水 敏