« 笠間書院のメールマガジン [264号]刊行しました | メイン | 東洋大学・文化公演「絵解きの世界-物語と絵と語りの出会い-」【小林 玲子氏、竹澤 環江氏、久野 俊彦氏(東洋大学)、中山 尚夫氏(東洋大学)】(平成29年6月24日(土)14時00分~16時00分(120分)、東洋大学白山キャンパス、要申し込み) »

2017年4月29日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●板坂則子氏(専修大学)が「戯作と春本研究」サイトを公開。現在、「文のはやし」系艶書往来リスト、「文のはやし」関連書リスト、板坂氏所蔵艶本目録が掲載。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

●「戯作と春本研究」サイト
http://www.hi-ho.ne.jp/itasaka/2017shungahp/top.html

現在、「文のはやし」系艶書往来リスト、「文のはやし」関連書リスト、板坂氏所蔵艶本目録が掲載されています。
以下、本サイトの「はじめに」より。

【はじめに

 江戸時代には、幕府公認の本屋仲間組織の管理下で刊行された書物の他に、表向きは「好色本」として禁止されていた筈の春本、春画類が数多く出されている。これらの春画・春本は長らく研究対象からは除外されてきたが、1990年代に春画が無修正で公刊されるようになり、学術的な雑誌での特集や書物も出された。2010年代、海外での春画展示の好評などから、春画研究は格段に進んできたといえよう。 しかしながら、戯作と春本の関係や、春本のテキスト面での研究は、春画研究に比してはるかに遅れているといわざるを得ない。 私たちの研究テーマ「戯作と春本研究」では、テキスト面から見た春本研究を、春画絵巻や戯作者による春本、往来物に準じる春本類の面から試みている。このHPでは、中世の絵巻から幕末期までの日本文学に於ける春画・春本を対象に、テキスト面からのアプローチを行っていくための資料を提示する。】

参考○板坂ゼミHP
http://www.hi-ho.ne.jp/itasaka/


●グーグル提供広告