「日本文学研究ジャーナル」創刊号・特集「中古・中世の和歌」(編集、渡部泰明・佐々木孝浩)(古典ライブラリー)

古典ライブラリー様よりいただきました。
001hyoushi.jpg
「日本文学研究ジャーナル」創刊号
特集「中古・中世の和歌」(編集、渡部泰明・佐々木孝浩)
平成29年3月30日発行(季刊3・6・9・12月発行)
第一号 定価1,600円+税(書店での取扱いはありません)
お申込みは、①お名前 ②送付先 ③電話番号 ④勤務先 ⑤メールアドレス
⑥号数、もしくは開始年月号を明記の上、FAXまたはE-mail でお申込みください。
研究費・公費の場合はその旨、お書き添えください。
Fax 050-3737-2221  E-mail kotenlibrary@gmail.com
今後の予定(P.135掲載)
第2号 中世の仮名日記・漢文日記(田渕句美子・谷知子編)2017.6
第3号 源氏物語の和歌と言説分析(土方洋一・陣野英則編)2017.9
第4号 近世の和歌と漢詩(鈴木健一・池澤一郎編)2017.12
第5号 万葉集はどう読まれてきたか(乾善彦・田中大士編)2018.3
第6号 近代(交渉中)2018.3
第7号 上田秋成と読本(飯倉洋一・田中則雄編)2018.9
第8号 連歌・俳諧(廣木一人・玉城司編)2018.12
○公式サイト
「日本文学研究ジャーナル」を創刊しました!(古典ライブラリー)
http://www.kotenlibrary.com/journal/
【目次】
巻頭エッセイ 藤原定家全歌集の注釈についての回想(久保田 淳)
・「左は内の御歌なりけり、まさに負けむやは」─ 亭子院歌合における二、三の問題 ─(久保木哲夫)
・伊達本古今和歌集の性格 ─定家本『古今集』の本文異同について─(舟見一哉)
・藤原重家の詠法 ─典拠のある作を中心に─(田口暢之)
・後嵯峨院歌壇の再検討 ─『亀山殿五首歌合』を中心にして─(佐々木孝浩)
・『建保五年右大将家歌合』考 ─源通光と後鳥羽院をめぐって─(米田有里)
・足利将軍と随従型紀行文について ─義教の富士下向を中心に─(山本啓介)
・正徹和歌と『源氏物語』─「我はさらに源氏と思ひてはよみ侍らず」─(高柳祐子)
特別寄稿 兼好法師の伊勢参宮─ 祭主大中臣氏との関係を考証し出自の推定に及ぶ ─(小川剛生)