« 245点の浮世絵がどこで描かれたかがわかる無料の位置情報アプリ「浮世絵で歩く日本の名所」リリース。中山道広重美術館が所蔵する中から収録。 | メイン | 伊藤鉄也編『日本古典文学翻訳事典2<平安外語編>』、伊藤鉄也編『《合冊》海外平安文学研究ジャーナルvol.1-3』、伊藤鉄也編『《合冊》海外平安文学研究ジャーナルvol.4-6』 »

2017年4月 4日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●國語學懇話會例會、第616回、第617回、第618回(平成29年4月22日(土)、5月27日(土)、6月24日(土)、名古屋市短歌会館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。
--------------------

第六百十六回 平成29年4月22日 土曜日 午後三時
関ヶ原合戦前夜の尾張衆の苦境―『武功夜話』に描かれた板挟みの状況―
松浦由起

第六百十七回 平成29年5月27日 土曜日 午後三時
『白河の辺の翁物語』収載話の材料
濱千代いづみ

第六百十八回 平成29年6月24日 土曜日 午後三時
平家物語八坂系巻九の川瀬本などの性格―その独自性と諸本との関係と―
伊藤一重

会場 名古屋市中区錦二丁目十三番二十二号 名古屋市短歌会館
   地下鉄栄駅西七百米 丸の内駅南五百米 伏見駅東三百米
〒四五八-〇八〇一 名古屋市緑区鳴海町字作町六六 榊原邦彦


●グーグル提供広告