『福岡教育大学 国語科研究論集』58

福岡教育大学国語教育講座内『国語国文学会』編集委員会さまよりいただきました。
hukuoka_58.jpg
A5判・並製・102頁
2017.3.1発行
●お問い合わせはこちら
〒811-4192
福岡県宗像市赤間文教町1−1
福岡教育大学国際共生教育講座内
福岡教育大学国語国文学会
0940-35-1276(代)
【目次】
川端康成「美しさと哀しみと」論/梶川功太郎
–雑誌「婦人公論」と昭和三十年代の日本美術–
『過日集』における王漁洋 其の二/藤井良雄
中古和文における原因理由節を構成するコトナレバ・コトニテについて/勝又隆
–『源氏物語』を中心として
彙報
生きてはたらく力をつける国語科授業の倫理的考察/岩﨑勇太
–優劣を超えた教室をめざしながら–
西表島船浮方言の格助詞ととりたて助詞/荻野千砂子