« 相模女子大学・日本語日本文学科 准教授または専任講師の公募(書道)(2017年06月20日 必着 最終日16:00必着) | メイン | 石川近代文学館 春・夏の企画展「乙女の文学展~石川ゆかりの作家の少女向け読み物~」(前期:平成29年4月22日(土)~6月18日(日)・後期:6月24日(土)~8月20日(日)) »

2017年4月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●俳文学会東京研究例会 434回(2017年5月20日(土)、江東区芭蕉記念館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://haibuntokyo.cside.com/prg/inf7.cgi

--------------------

434回
2017年5月20日(土)14:30~17:00
江東区芭蕉記念館
●研究発表
 元禄二年の芭蕉の「初雪」二句について   / 深沢眞二氏
【要 旨】
 尾形仂先生は1995年6月17日の本研究会において、「芭蕉発句雑考」と題して「初雪に兎の皮の髭つくれ」句等の解釈に新見を示された。それはのちに『俳句の可能性』所収の「俳句の読み」という論考となり、尾形先生の解は定説となりつつある。22年後の今、「初雪に」句について、とくに「兎の皮」のもつ象徴的な意味を考慮する必要があるという視点から、新たな解釈を提示したい。また、同じ元禄2年の芭蕉発句「初雪やいつ大仏の柱立」との関わりについても考察する。

●輪  講
 『続の原』発句の部・第13回 / 深沢了子氏 
【夏の部-8~12番】


●グーグル提供広告