« 福永武彦研究会 第1回 池澤夏樹氏講演会(2017年6月11日(日)、東京堂ホール(神保町)※要申込) | メイン | 第343回日本近代語研究会春季発表大会(2017年5月12日(金)、関西大学100周年記念会館) »

2017年4月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国際日本文化研究センター 創立30周年記念講演会【梅原猛氏・ジェームズ・E・ケテラー氏】(2017年5月17日(水)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://events.nichibun.ac.jp/ja/archives/kohenkai/s001/cal/2017/05/17/index.html

--------------------

2017年5月17日 創立30周年記念講演会

場所:国際日本文化研究センター内講堂 (京都)
開場時間:12:15
開始時間:13:00
終了時間:15:00
送迎バス:往路(日文研行):阪急桂駅東口より、11:45~12:15の間に4台無料バス有。
復路(阪急桂駅行):日文研講堂前より、講演会終了後に順次4台無料バス有。
申込み:要
受講料:無料
申込み方法:4月20日(木)必着で下記によりお申込み下さい。
① 申込方法:
ハガキ、FAX、E-mail のいずれかで、催し物名・氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号を明記のうえお申込み下さい。
1申込につき2名までお申込みできます。(同伴者氏名(ふりがな)も必ずご記入ください。)
3名以上のお申込みは無効とさせていただきますのでご了承ください。
※お電話での申し込みはお受けしておりません。
② 申込 ・ 問合せ先:
〒610-1192
京都市西京区御陵大枝山町3-2
国際日本文化研究センター 研究協力課
(TEL)075-335-2078
(FAX)075-335-2092
(E-mail)koenkai*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください)

※備 考:抽選結果は当落を問わず5月1日(月)頃にお知らせいたします。なお、定員に達しない場合は期日以降もお申込みを受け付けます。

ご注意:
お車でのご来場は、近隣へのご迷惑となりますので、固くお断りしております。
但し、車椅子をご利用されている等、公共交通機関でのご来場が困難であり、自家用車でのご来場を希望される場合は、お申し込みの際にその旨をお申し出いただき、必ず事前に許可をお取り願います。
定員: 350名(抽選による)

挨拶 小松 和彦 国際日本文化研究センター 所長
司会 牛村 圭 国際日本文化研究センター 教授
第1部 日文研と私―回顧と展望
梅原 猛 国際日本文化研究センター 顧問
(聞き手)磯田 道史 国際日本文化研究センター 准教授

(講演要旨)
日本史家の磯田道史准教授を聞き手に、初代所長の梅原猛顧問が日文研創立の理念、多彩な研究者を集めた経緯や苦心、建物に込められた思想、等々をふり返り、現下の思索の対象である「人類哲学」、人類の「闇」と「光」の問題にも言い及びながら、日文研の将来に思いをめぐらせる。

第2部 日本研究の諸問題―歴史と歴史学をめぐる省察
ジェームズ・E・ケテラー シカゴ大学 教授

(講演要旨)
欧米での政府主導の体系的日本研究の契機は真珠湾攻撃にある。先行する日本研究はむろん存在するが、20世紀中葉の戦争のもたらした意義は等閑視できない。創立以来日文研はこの外から見た日本研究の潮流の最前線にあり、日本を中心に据えた研究と日本主義あるいは日本人論研究の中心地の役割を担い、30年にわたり世界の研究者を招いて扱いの難しい諸問題に取り組んできた。本講演ではこの過去に触れ、日本史・日本研究の歴史と歴史学の諸相を検討し、日文研に有り得るいくつかの将来にも思いを馳せてみたい。

発表は日本語のみ


●グーグル提供広告