観峰館 平常展示「和本・教科書コレクションー仏教図会(ぶっきょうずえ)ー」(平成29年4月15日(土)~7月17日(月・祝))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kampokan.com/exhibition/2489.html

——————–
会期 平成29年4月15日(土)~7月17日(月・祝)
会場 本館 4階展示室
休館日(特別企画展と同じ)
開館時間(特別企画展と同じ)
【ごあいさつ】
【観峰館では、当館の和本・教科書コレクションを、様々な企画で展示公開してきました。平成二十九年度の平常展示では、四種類のテーマを掲げた展覧会を開催します。
第一弾は、「仏教図会」をテーマに、江戸時代から明治時代の仏教書を取り上げます。仏教書はこれまで展示する機会はほとんどありませんでした。というのも、「難しい」というイメージがあったからです。そこで切り口として、まず仏教書の挿絵に注目してみたところ、さまざまな図会が見付かりました。「名所図会」の類からはじまり、経典の解説や、肉筆の仏画を参考にしたと思われるものまで、仏教書にはさまざまな図会が描かれているのです。また図会には、浮世絵師を中心とする著名な画家が関わっていることも分かりました。】