小田原文学館 特集展示「小田原の文学者と春」(平成29年4月1日(土)~5月28日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/library/liblaryevent/2017spring.html

——————–
明治時代、避暑・避寒に適した気候や風土を気に入り、多くの文学者や政財界人が小田原にやってきました。なかでも、小田原文学館のある西海子小路周辺は別荘地として人気で、文学館の建物も、明治政府で宮内大臣などを歴任した伯爵・田中光顕の別邸として建てられたものです。
谷崎潤一郎、北原白秋、三好達治なども周辺に居住した西海子小路は、桜の名所としても知られ、その一角に建つ小田原文学館にも春には多くの方が足を運びます。
特集展示「小田原の文学者と春」では、小田原にゆかりのある文学者たちが、この地にとってもっとも華やかな季節である春を描いた作品をご紹介します。
開催情報
開催日時
平成29年4月1日(土)~5月28日(日)午前9時00分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
※会期中無休
開催場所
小田原文学館(小田原市南町2-3-4)
入館料
一般250円、小・中学生100円(20名以上で団体割引有、障害者手帳をお持ちのかた割引有)
アクセス
徒歩:小田原駅東口から20分
バス:小田原駅東口から箱根方面行バス H・T・J・Z・U線「箱根口」下車徒歩5分
車:国道1号線「箱根口交差点」から路地に入り220m先右折後直進100m(駐車場7台・無料)
特集展示チラシ PDF形式 :1.1MB