平成29年度 上代文学会大会(平成29年5月20日(土)・21日(日)、奈良女子大学)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://jodaibungakukai.org/06_meeting.html

——————–
期  日
平成29年5月20日(土)・21日(日)・22日(月)
会  場
奈良女子大学
近鉄奈良駅 1番出口より徒歩5分
〒630-8263 奈良県奈良市北魚屋西町
― 20日(土) ―
理事会 (午後0時30分~1時30分)   
奈良女子大学 S棟228教室
公開講演会 (午後2時~4時30分)   
奈良女子大学 講堂
学会挨拶
代表理事 東洋大学教授 菊地 義裕
挨   拶
奈良女子大学古代学学術研究センター長 出田 和久
ことばでわかること、ことばがわかること
奈良女子大学名誉教授 奥村 悦三
大伴旅人 ―「遊於松浦河」「領巾麾之嶺」の序と歌を中心に―
元お茶の水女子大学教授 荻原 千鶴
上代文学会賞贈呈式 (午後4時30分~4時40分)
総会 (午後4時40分~5時30分)
懇親会 (午後5時30分~7時30分)
会場 奈良女子大学 S棟ラウンジ
会費 5,000円(学生・院生3,000円)
― 21日(日) ―
研究発表会 (午前9時30分~午後3時40分) 
奈良女子大学 S棟235大講義室
《午前の部》
日本霊異記中巻の「異界」描写における改変:冥報記との比較を中心に
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院博士後期課程 孫 世偉
(司会)大東文化大学教授 山口 敦史
古代舞踊の基礎的考察 ―久米舞の変容をめぐって―
慶応義塾中等部講師 坂口 楓
(司会)和光大学教授 津田 博幸
『万葉集』巻十三の三野王挽歌 ―「犬馬之慕」をめぐって―
奈良県立万葉文化館研究員 大谷 歩
(司会)フェリス女学院大学教授 松田 浩
 ―昼食―
《午後の部》
高橋虫麻呂の伝説歌四首の諸相 ―挽歌との関係性―
阿南工業高等専門学校教授 錦織 浩文
(司会)二松學舎大学教授 塩沢 一平
地震をめぐる「天武紀」の歴史叙述 ―災異と対策の相関関係―
相模女子大学准教授 山田  純
(司会)駒澤大学教授 中嶋 真也
『懐風藻』の「春苑 応詔」詩二首 ―比較によって見えてくるもの―
早稲田大学教授 高松 寿夫
(司会)日本女子大学教授 田中 大士