« 国文学研究資料館の、日本語の歴史典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画(略称:歴史的典籍NW事業)サイトがリニューアル。 | メイン | 超みんなで翻刻してみた@ニコニコ超会議2017[2日目・4月30日(日)]午後の部ゲストによるワークショップ【飯倉洋一、北本朝展、山本和明、後藤真、小倉慈司の各氏】がアーカイブされており視聴可能。 #みんなで翻刻 »

2017年4月30日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第3回日本語の歴史的典籍国際研究集会(平成29(2017)年7月28日(金)~7月29日(土)(2日間)、国文学研究資料館 大会議室、入場無料・聴講自由)【ライブ配信あり】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/sympo20170728.html

--------------------

※上記サイトに、詳細な発表要旨あり。

日 時:平成29(2017)年7月28日(金)~7月29日(土)(2日間)
場 所:国文学研究資料館 大会議室
(東京都立川市緑町10-3)
http://www.nijl.ac.jp/pages/access.html
主 催:大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国文学研究資料館

7月28日(金)

総合司会:野網摩利子(国文学研究資料館研究部准教授)
NOAMI Mariko(National Institute of Japanese Literature)

12:30 受付開始

13:00 開会の挨拶 ロバート キャンベル(国文学研究資料館長)
Robert CAMPBELL(National Institute of Japanese Literature)

13:05 機構挨拶 立本成文(人間文化研究機構長)
TACHIMOTO Narifumi(National Institutes for the Humanities)

13:10 趣旨説明 齋藤真麻理(国文学研究資料館研究部研究主幹)
SAITŌ Maori(National Institute of Japanese Literature)

13:20~15:25 パネル1
「文字認識のフロンティア」
"Frontiers of Character Recognition Research"
■概要説明 山本和明(国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター特任教授)
YAMAMOTO Kazuaki(National Institute of Japanese Literature)

■報告1 「文字工学から文字科学へ」
"From Text Engineering to Text Science"
内田誠一(九州大学大学院システム情報科学研究院教授)
UCHIDA Seiichi(Kyushu University)

■報告2 「フォント生成による古典籍検索の試み」
"Retrieval of Japanese Historical Documents by Font Generation"
大町真一郎(東北大学工学研究科教授)
ŌMACHI Shin'ichirō(Tohoku University)

■報告3 「字形検索サービスにおける文字認識技術の活用」
"Pattern Recognition Technologies in Character Image Search Services"
耒代誠仁(桜美林大学総合科学系准教授)
KITADAI Akihito(J.F.Oberlin University)

15:25~15:40 休憩(15分間)

15:40~16:00
「「新日本古典籍総合データベース」の新たな試み」
"A New Experiment with the Database of Pre-modern Japanese Works"
松田訓典(国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター特任助教)
MATSUDA Kuninori(National Institute of Japanese Literature)

16:00~17:00 パネル2
「文献観光資源学は何をめざすか」
"What are the Objectives of the Comprehensive On-line Gazetteer of Japan?"
■概要説明 谷川惠一(国文学研究資料館研究部教授)
TANIKAWA Keiichi(National Institute of Japanese Literature)

■報告1 「解析型デジタルアーカイブによる石碑の利活用」
"Analytical Digital Archives and the Utilization of Stone MonumentsAnalytical Digital Archives and the Utilization of Stone Monuments"
上椙英之(国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター客員研究員)
UESUGI Hideyuki(National Institute of Japanese Literature)

■報告2 「「デジタル文学地図」プロジェクト紹介」
"Introducing the Digital Literary Maps Project"
ユディット・アロカイ(ハイデルベルク大学東アジア研究センター日本学科教授)
Judit ÁROKAY(Heidelberg University, Institute of Japanese Studies)

7月29日(土)

総合司会:青田寿美(国文学研究資料館研究部准教授)
AOTA Sumi(National Institute of Japanese Literature)

9:30 受付開始

11:00~11:30 研究報告2
「絵本としての草双紙」
"Illustrated Worlds in Kusazōshi"
佐藤悟(実践女子大学文学部教授)
SATŌ Satoru(Jissen Women's University)

11:30~12:00 研究報告3
「近世日本数学文献研究の新しい地平」
"New Horizons in Research on Mathematical Treatises in Pre-modern Japan"
小川束(四日市大学環境情報学部教授)
OGAWA Tsukane(Yokkaichi University)

12:00~13:00  休憩(60分間・昼食)

13:00~14:30 パネル3
「「文芸を折る」―日本古典籍における折本という存在」
"Folding Literature: Folded Books in Pre-modern Japan"
■概要説明 海野圭介(国文学研究資料館研究部准教授)
UNNO Keisuke(National Institute of Japanese Literature)

■報告1 「折本という装訂の特色について」
"On the Characteristics of Japanese Folded Books"
佐々木孝浩(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授)
SASAKI Takahiro(Keio University Institute of Oriental Classics)

■報告2 「知と技法の媒体としての折本―「八卦」を中心に」
"Folded Books as Conveyors of Technical Knowledge: the Case of 'Trigram Divination Books"
マティアス・ハイエク(パリ・ディドロ第7大学東洋言語文化学部准教授)
Matthias HAYEK(Université Paris-Diderot-Paris 7)

■報告3 「近世日本における折本・折帖の諸相―版本を中心に」
"On Folded Books (orihon and orijo) Printed in Early Modern Japan"
アレッサンドロ・ビアンキ(フリーア|サックラー)
Alessandro BIANCHI(Freer|Sackler)

14:30~14:45  休憩(15分間)

14:45~17:00 パネル4
「生活・環境と古典籍――異分野融合研究の可能性」
"Life, the Environment, and Pre-modern Japanese Texts: Prospects of Interdisciplinary Research"
■概要説明 入口敦志(国文学研究資料館研究部准教授)
IRIGUCHI Atsushi(National Institute of Japanese Literature)

■報告1 「『広恵済急方』に見る江戸時代の民間救急療法」
"Popular Emergency Treatments of the Edo Period as Found in Kōkei saikyūhō"
小松かつ子(富山大学和漢医薬学総合研究所教授)
KOMATSU Katsuko(University of Toyama, Institute of Natural Medicine)

■報告2 「古代の甘味料"あまつら"の復元」
"Restoration of the Ancient Sweetener Amatsura"
神松幸弘(立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員)
KOHMATSU Yukihiro(Ritsumeikan Global Innovation Research Organization)

■報告3 「『延喜式』に見える貢納食材とその加工法」
"Tributary Foodstuffs and Food Processing Methods as Seen in Engi shiki"
清武雄二(国立歴史民俗博物館研究部特任助教)
KIYOTAKE Yūji(National Museum of Japanese History)

■報告4 「気候変動適応学と歴史学、国文学との共働可能性」
"Prospects for Future Collaboration between Climate Change Adaptation Science, Historiography, and Japanese Literature"
田村誠(茨城大学地球変動適応科学研究機関准教授)
TAMURA Makoto(Ibaraki University, Institute for Global Change Adaptation Science)

17:00 閉会の挨拶 谷川惠一(国文学研究資料館副館長(研究担当))
TANIKAWA Keiichi(National Institute of Japanese Literature)


●グーグル提供広告