« 日本大学国文学会『語文』第157輯 | メイン | 笠間書院のメールマガジン [263号]刊行しました »

2017年4月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成29年度 中世文学会 春季大会・シンポジウム「散文のなかの〈和歌〉」(2017年5月27(土)28(日)、明治大学駿河台キャンパスリバティータワー)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.chusei.org/index.html

--------------------

会場 明治大学駿河台キャンパスリバティータワー
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

※明治大学所蔵の典籍・文書の特別展示コーナーを設置予定。

第一日 5/27土曜

開会の挨拶(14:00-14:15)合田正人氏(明治大学文学部長)

シンポジウム「散文のなかの〈和歌〉」(14:15-17:30)
リバティータワー1F 1013教室

司会・阿部真弓氏(法政大学)

「中世王朝物語と和歌」新美哲彦氏(早稲田大学)
「いくさの舞台と歌ことば」北村昌幸氏(関西学院大学)
「説話と和歌とはいかに結びつくか―『十訓抄』三舟譚の周辺 ―」菊池仁氏(山形大学名誉教授)

第二日 5/28日曜

研究発表会〈午前の部〉9:30-12:00
リバティータワー1F 1011教室

「流布本『平忠盛集』をめぐって」穴井潤氏(早稲田大学大学院生)
「二十八品歌の詠法―本歌取り作を中心に―」田口暢之(慶應義塾大学大学院生・日本学術振興会特別研究員)
「東山文庫蔵『百人一首抄』について―三條西公条説の源泉と行方―」酒井茂幸氏(埼玉大学非常勤講師)

昼食・休憩12:00-13:00

研究発表会〈午後の部〉13:00-15:30
リバティータワー1F 1011教室

「『徒然草』登場人物の家系からみた兼好と伊勢神宮の関係」栗田進氏
「『直談因縁集』と狂言―「磁石」の場合―」岩崎雅彦氏(國學院大學非常勤講師)
「源仲正の題詠歌―『夫木和歌集』『三勇和歌集』を資料として―」家永香織氏(白百合女子大学非常勤講師)

総会 15:30-16:00

閉会の辞 山中玲子氏(法政大学教授)


●グーグル提供広告