« あきた文学資料館 新収蔵資料展(平成29年3月28日(火)~4月30日(日)) | メイン | 読売新聞(2017.4.9)日曜読書面で、飯倉洋一編『アプリで学ぶくずし字 くずし字学習支援アプリKuLA(クーラ)の使い方』(笠間書院)が紹介されました。 »

2017年4月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成29年度日本歌謡学会春季大会(2017年5月27日(土)公開講演会、28日(日)研究発表、愛知教育大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

--------------------

平成29年度日本歌謡学会春季大会
日時:5月27日(土)・28日(日) 
場所:愛知教育大学 教育未来館3階多目的ホール

《第一日》5月27日(土) (講演会受付14時開始)
〈公開講演会〉 (14時15分~16時10分)
〇開会の辞 日本歌謡学会名誉会長 真鍋 昌弘
〇会場校挨拶 愛知教育大学学長 後藤 ひとみ
〇公開講演会
 地歌『新青柳』『長等の春』における詞と曲の同調
 ―文学と音楽の融合をめざして―
  歌詞解説 愛知教育大学教授 田口 尚幸
  演奏 九州系地歌三絃 竹山 順子
  上田流尺八 平山 泉心
〇日本歌謡学会志田延義賞受賞式

《第二日》5月28日(日) (受付10時15分開始)
〈研究発表 午前の部〉 (10時30分~12時)
 後醍醐天皇と内侍所御神楽 新潟大学准教授 中本 真人
 梁塵秘抄二六九歌、大将軍の今様について
  ―「あつらひめくり」の解釈―
  甲南大学非常勤講師 佐々木 聖佳
〈研究発表 午後の部〉 (13時~14時30分)
 中国トン族歌掛けの実態―北部地域の事例―
  関西外国語大学教授 牛 承彪
 うたいもの研究の位置づけ 京都学園大学教授 手塚 恵子
〈総会〉 (14時40分~15時40分)
〇閉会の辞 日本歌謡学会会長 藤原 享和

※大会専用ページ
http://www.kokugo.aichi-edu.ac.jp/taguchi/oshirase.html


●グーグル提供広告