« 清泉女子大学「日本文学と怪異」研究会編『日韓怪異論 死と救済の物語を読み解く』(笠間書院) | メイン | 『岡山朝日研究紀要』第37号、『岡山朝日研究紀要』第38号(辰田芳雄氏「明応二年三月三日起日曉仁親王主催着到和歌の翻刻」「明応の政変前後の新見荘在京代官妹尾重康の役割」「文明十二年九月一日起日後土御門天皇主催着到和歌の翻刻」「岡山藩池田光政・綱政・継政「古文孝経和歌」について」) »

2017年4月20日

 記事のカテゴリー : 書評・パブリシティ情報

●2017年度青山学院大学入試・国語(B方式)に出題されました。○稲田利徳『人が走るとき 古典のなかの日本人と言葉』

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

2017年度青山学院大学入試・国語(B方式)に、以下書籍から出題されました。

○稲田利徳『人が走るとき 古典のなかの日本人と言葉』
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305705129/


●グーグル提供広告