« 田端文士村記念館 5月ひととき散歩「近藤富枝と『田端文士村』~最後の田端人、その生涯~」(平成29年5月20日(土)参加無料) | メイン | 金沢文庫 特別講演会「西大寺の歴史と美術」講師:清水眞澄氏(三井記念美術館館長)(平成29年4月29日(祝・土)※要申込) »

2017年4月 7日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●京都文化博物館 特別展「いつだって猫展」(2017年4月29日(土・祝)~6月11日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special/next/

--------------------

開催趣旨
 猫は、古くから日本人の生活に深く寄り添ってきた動物です。愛らしい猫の姿は古来、多くの物語や絵に描かれ表されてきましたが、特に江戸時代後期には現代さながらの「猫ブーム」がたびたび到来し、歌舞伎や浮世絵を彩りました。
 本展覧会では、特に猫をモチーフとした浮世絵や招き猫の世界を中心に、人々を熱狂させた古き良き「猫ブーム」の諸相をご紹介します。猫にまつわる江戸時代人の物語やイメージは楽しいもの、可愛らしいもの、妖しいもの、怖いものなど様々です。その背景には、猫が人々にもたらした生活の恩恵と苦闘、猫とともに歩んだ昔の人々の生き方と歴史が様々に込められています。家庭の愛玩猫に野良猫、書物や浮世絵に表される自由奔放な色々の猫の姿には、思わず笑みがこぼれます。本展をご覧いただくことで、猫好きの方々はもちろん、そうではない方も、愛らしい江戸猫のとりこになるはずです。

基本情報
会  期:2017(平成29)年4月29日(土・祝)~6月11日(日)
※休館日:月曜日(5月1日は臨時開館)
※開室時間10:00~18:00/金曜日は19:30まで(入場は閉室の30分前まで)
会  場:京都文化博物館 4階・3階展示室
(京都市中京区三条高倉、TEL 075−222−0888 FAX 075−222−0889)
主  催:京都府、京都文化博物館、読売テレビ
後  援:(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京都
入場料金:一般1,300円(1,100円)、大高生1,000円(800円)、中小生500円(300円)
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金


●グーグル提供広告